ボートレースの買い方!初心者にわかりやすく解説

ボートレースは基本的には競馬などの他の公営ギャンブルと同じく、1着や2着を予想して投票しますが、他のそれとは異なる部分も多いので、ここではボートレースを始めてみようと考えている人向けにその独自の特徴を含めて詳しく解説していきます。

ギャンブルの種類はこちら

買い方は7通りです

ボートレースの投票には、以下の7種類があります。

単勝式

1つのレースに対して1つの番号(艇)を指定して、1着を当てる買い方です。その番号が2着以下になった場合には外れになります。

複勝式

単勝と同じく1つの番号を指定し、その番号の艇が2着までに入れば的中です。つまり、1着でも2着でも構いません。

ワイド(拡大2連勝複式)

2つの艇を指定して、その2艇が共に1~3着に入れば的中となります。例えば、2-5と投票した場合、1着が2番、2着が4番、3着が5番なら的中という具合です。

2連単(2連勝単式)

1、2着を着順通りに当てる買い方です。逆の場合には外れとなってしまいます。

2連複(2連勝複式)

こちらは指定した2艇が1、2着に入れば、その順番は問わずに的中となります。

3連単(3連勝単式)

1、2、3着を着順通りに当てる買い方です。その為、なかなか的中するものではありませんが、平均配当は約70倍となっており、一番大きく期待ができる買い方です。

3連複(3連勝複式)

こちらは指定した3艇が1、2、3着に入れば、その順番は問いません。3連単に比べて的中しやすい分、配当的には10倍前後のことが多くなっています。

連勝で狙うものだと考えていいでしょう

単勝式や複勝式、ワイドで購入するのもいいですが、ボートレースは基本的に連勝で狙うものです。その連勝でも、2連複や3連複では10倍を期待できるかどうかといったところなので、着順通りの2連単、3連単が人気となっています。

最大でも6艇しか出走しない競技なので、フルゲートが16頭や18頭の競馬と比べると的中しやすいのは言うまでもありませんが、その分単勝式や複勝式では的中してもほとんど配当にならないと考えておいてください。

ボートレースの独特の傾向

以下は、実際にある開催で1日に行われた全12レースの結果です。(1着-2着-3着)

第1レース 2-4-5
第2レース 1-4-5
第3レース 1-2-3
第4レース 1-2-5
第5レース 1-2-4
第6レース 1-2-4
第7レース 1-2-3
第8レース 3-4-6
第9レース 1-3-6
第10レース 1-2-5
第11レース 1-4-6
第12レース 4-5-6

これを見ると分かるように、12レース中9レースで1番艇が3着までに絡んでいます。また、1番艇が1着になる可能性がかなり高いということも分かると思います。

ボートレースの出走枠は抽選ではなく、前のレースで1着を取った順に1番(または2番)からと決まっています。その為、強い選手ほど内枠に入り、且つ一番インコースなので有利という点も手伝って、1番艇の勝率が異常に高くなっているのです。

1枠が予想の中心になります

上のような傾向がボートレース独特の特徴となっている為、どうしても1枠が予想の中心となります。ここが他の公営ギャンブルとは大きく違う点だと考えていいでしょう。

それに加えて、最大6艇までなので、競馬では難しい3連単の的中もそれほど難しいものでもありません。例として、1番を1着に固定して、2着に2番か3番、3着に2番か3番か4番か5番という買い方をすると、1-2-3、1-2-4、1-2-5、1-3-2、1-3-4、1-3-6のいずれでも的中となるフォーメーションの6点買いとなります。

ボートレースでは連勝でこのような1を中心としてフォーメーション買いをすることが多くなっており、多くの組み合わせを指定してもそれほど点数が多くなりません。

2連複や2連単で狙ってみましょう

初心者のうちは、1着と2着に絞って2連複や2連単で狙ってみるのがおすすめです。選手がよく分からなくても、1番を絡めて購入するだけでそれなりに的中するものです。

オッズとも相談してください

2連複で購入すると、2~4倍のオッズが多くなっています。その為、あまり点数を購入すると、いわゆる「トリガミ」になってしまうので注意してください。このトリガミとは、ギャンブル用語で的中しても投資がそれ以上なので損をしたという意味で、例として、1000円ずつ3点を購入した2連複で2.5倍が的中してしまった場合がそれに当たります。

それでは折角の的中の意味がないので、この手のギャンブルではどれが当たっても最低限元にはなる買い方をすることを推奨します。

2連単も十分に狙えます

競馬ではこの2連単の的中は結構難しいことが多いですが、ボートレースであれば、圧倒的に有利な1番を1着に固定すると、それほど難しくなく的中できます。

上に挙げた1日の全12レースの結果を見ても、1番が6レースで1着になっており、極端な話では全レースで1番を1着に固定して、2着に全ての艇を購入していれば、9レースも的中しているのです。(ここではトリガミは特に考えないとします)

あの実例は決して珍しいものではなく、ボートレースでは日常的な結果です。繰り返しになりますが、ここが他の公営ギャンブルとは全く違う点です。

外枠を絞っていくのが主な予想になります

ここまでに書いてきたように、ボートレースでは最内枠となる1番はもちろんのこと、強い選手ほど内枠になるというシステムからも、2番や3番までが有利な枠だと考えていいでしょう。

しかし、外枠の4~6番は滅多に3着までに絡まないという訳でもなく、先の例でも12レース中5レースで2着までに入っています。その為、2着までを当てる2連複や2連単でも外枠を軽視することはできません。

モーターの成績にも注目してみましょう

ボートレースでは各選手が使用するモーターは抽選制となっており、1開催中は最初に決まった同じ番号のもの続けて使います。少し乱暴な表現になりますが、これが競馬で言うところの競走馬で、選手は騎手だという考え方ができます。

モーターが悪いと、どんなうまい選手でも勝つのは難しいものです。そして、出走表には選手の成績だけでなく、使っているモーター番号の成績も併せて記載されています。この成績は選手は問わず、純粋にモーターだけの成績です。これも合わせて予想できるようになってくると的中率も上がってくるでしょう。

まとめ文:
ボートレースは1枠が圧倒的に有利だということを知っておくだけで、それなりに的中させることができます。その為、単純な仕組みだと思われてしまうことがありますが、点数を買うとトリガミになることも多いので、できるだけ点数を絞っていったり、モーターまで含めて予想するなど、他の競技にはない面白さも多い競技です。

ブラックジャックの流れとルール

ブラックジャックは数あるカジノゲームの中でも、プレイヤーに与えられる裁量権が大きいため、高い人気を誇っているゲームです。この記事ではブラックジャックのルールや遊び方の流れ、さらには役について解説します。

オンラインカジノゲームの種類

ブラックジャックのルールと役について解説

ブラックジャックを攻略する上では、しっかりとルールや役を把握することが大切です。具体的に抑えておくべき3つのルールを解説します。

【関連記事】

ルール①カードの合計数21以下でどちらが強い役かで勝敗が決定

ブラックジャックのルールは「ディーラーVSプレイヤー」の勝負で、カードを引いてどちらがより強い役を揃えたかで勝敗が決定します。カードの数字は絵柄を10、Aを1もしくは11と数える以外は額面通りです。

しかし合計値が大きければそれでOKという訳でもありません。カードを追加した結果22以上になると「バースト」となり、その時点での敗北が決定します。

カードを追加した結果22以上になると「バースト」

そのためカードを追加して役を強化しつつも、21を超えないように気を付けることがブラックジャックにおけるミソと言えます。

ルール②ブラックジャックの配当ルール

ブラックジャックは結果に応じて以下の配当を受け取れるルールとなっています。

  • 勝利:2倍
  • 引き分け(プッシュ):1倍(返金)
  • 負け:0倍

しかし特別な配当が貰えるルールもあります。

例えばナチュラルブラックジャック(最初のハンドで合計21)を成立させた場合は通常の勝利時よりも美味しい2.5倍の配当となります。仮に100円をベットしていた場合は、250円の払い戻しが受けられるというイメージです。

ナチュラルブラックジャックを成立させた場合は2.5倍の配当

逆にディーラー側にナチュラルブラックジャックが成立しそうな場合にベット額の保険を投じる「インシュランス」を成功させると、インシュアランスの3倍の払い戻しを受けることができるため、結果的に損失額を相殺することができます。

ルール③ブラックジャックでは役に賭けるサイドベットもある

ブラックジャックは通常のベットのほかに、最初に配布されるカードでの役の成立に賭けるサイドベットのルールもあります。具体的なサイドベットの内容は以下の通りです。

賭け方 賭け内容 配当倍率
パーフェクトペア プレイヤーに配られる2枚のカードが全く同じ 25~30倍
カラーペア プレイヤーに配られる2枚のカードの数字とスートの色が同じ 10~12倍
ミックスペア プレイヤーに配られる2枚のカードの数字が同じでスートが色違い 5~6倍
スーテッドトリップス プレイヤーに配られる2枚のカードとディーラーのアップカードが全く同じ 100倍
ストレートフラッシュ プレイヤーに配られる2枚のカードとディーラーのアップカードが同じスートで連続した3つの数字 40倍
スリーカード プレイヤーに配られる2枚のカードとディーラーのアップカードの数字が同じ 10倍
フラッシュ プレイヤーに配られる2枚のカードとディーラーのアップカードのスートがすべて同じ 5倍

パーフェクトペア、カラーペア、ミックスペアは「Perfect Pair」という賭け式に賭けていると、的中時に配当を受け取ることができます。

ブラックジャックの賭け方【パーフェクトペア】

一方でスーテッドトリップス、ストレートフラッシュ、スリーカード、フラッシュは「21+3」という賭け式に賭けていると、的中時に配当が貰えます。

ブラックジャックの賭け方【21+3】

なおブラックジャックではサイドベット単体に賭けることはできません。必ず通常のベットも行う必要があります。

またゲームによっては「バーストイット」と言ってディーラーがバーストすることを予想するサイドベットもあります。バーストの枚数に応じて、配当倍率は以下の表の通りです。

バースト枚数 配当倍率
3枚 2倍
4枚 3倍
5枚 10倍
6枚 50倍
7枚 100倍
8枚以上 250倍

ディーラーがバーストする確率は理論上28%です。その割には比較的有利な配当倍率になっているような気もします。

ブラックジャックの遊び方(流れ)を解説

実際にブラックジャックで遊ぶ際の流れについて、ステップごとに詳しく解説していきます。

STEP①ブラックジャックで勝負するベット金額を決める

ブラックジャックで賭けに参加するためには、まずベットを行う必要があります。自分の資金残高及びテーブルリミットの範囲内で勝負するベット金額を決めてください。

ライブブラックジャックの場合はベッティングタイムが制限されているので、なるべく早く手続きを行う必要があります。

ライブブラックジャックの場合はベッティングタイムが制限

なお、ゲームによってはマルチハンドでのベットも可能です。

マルチハンドでのベットも可能

マルチハンドを使えばうまくリスクを分散させることができるため、ブラックジャックを攻略する上では非常に有効なベット方法と言えます。

STEP②プレイヤーとディーラーに2枚のカードが配られる

ベットが完了すると、ブラックジャックでは、ディーラーとプレイヤーそれぞれに2枚のカードが配られます。

ディーラーに配られたカードは1枚だけ「アップカード」として、プレイヤーに公開

ディーラーに配られたカードは1枚だけ「アップカード」として、プレイヤーに公開されます。

なお、ヨーロピアンブラックジャックの場合には、最初にディーラーに配られるカードは1枚だけです。

最初にディーラーに配られるカードは1枚だけ

カードカウンティングなどの攻略法を用いたい場合には、アメリカンブラックジャックよりもヨーロピアンブラックジャックの方が適していると言われています。

STEP③配られたカードの状況に応じて勝負するアクションを決める

ブラックジャックはルーレットやバカラのように「賭けたら最後」ではなく、ゲーム開始後もディーラーのアップカードや自分に配られたカードを踏まえつつ、様々なアクションを起こすことができます。

具体的にどのようなアクションがあるのか、詳しく解説していきます。

アクション 内容
ヒット カードを追加
スタンド  カードを引かない
ダブルダウン ベット額を追加しカードを引く
スプリット ハンドが2つに分割される
サレンダー 勝負を放棄
インシュランス 条件付きサレンダー
イーブンマネー 特殊なアクション

ヒット:カードを追加するアクション

ブラックジャックのアクション【ヒット】

ヒットはカードを追加するアクションで、ハンドを強化する機能があります。追加のコストはかかりません。ハンドの合計が22以上にならない限りは好きなだけヒットのアクションを起こすことができます。

スタンド:カードを引かないアクション

ブラックジャックのアクション【スタンド】

スタンドはそれ以上カードを引かないアクションです。スタンドのアクションを起こすと、今度はディーラー側にアクションの権限が移ります。

ダブルダウン:ベット額を追加しカードを引くアクション

ブラックジャックのアクション【ダブルダウン】

ダブルダウンは追加のカードを1枚引くためにベット額と同額を投じるアクションです。ハンドが11や10、9などかなり強い役を揃えている場合には有効なアクションで、勝てる時に一気に稼ぐ上では非常に重要なアクションと言えます。

スプリット:ハンドが2つに分割されるアクション

ブラックジャックのアクション【スプリット】

スプリットは最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった時にアクションです。具体的にはハンドが2つに分けられることになります。

例えば100円をベットしていた場合には、追加で100円をベットして2つ目のハンドを持つというイメージです。スプリット以降はそれぞれのハンドでヒットやスタンドのアクションを通じて、ハンドを強化していきます。

サレンダー:勝負を放棄するアクション

サレンダーは勝負を放棄するアクションです。ディーラーのアップカードが非常に強く、勝ち目がないと判断する時に利用します。負け扱いにはなるものの、ベット額は半額返金されるため、負ける時の損失を最小限に抑えることができます。

プレイヤーの手が悪く、勝ち目がないと判断した場合に賭け金の半額を放棄してプレイを降りること。

引用元:Wikipedia | ブラックジャック

インシュランス:条件付きのサレンダーができるアクション

インシュランスは条件付きバージョンのサレンダーです。具体的にはディーラーのアップカードがAだった場合にのみ使えるアクションとなります。

インシュランスではベット額の半額を投じます。仮にディーラーがナチュラルブラックジャックだった場合には、インシュランスの3倍、つまり元々のベット額とインシュランス額が払い戻されるというアクションです。つまり実際には負けているものの、損失額が0になります。

インシュランスのアクションを起こしたものの、ディーラーがナチュラルブラックジャックでなかった場合には資金が没収されてしまうので、状況に応じて慎重に判断することが重要です。

イーブンマネー:特殊なケースで利用できるアクション

イーブンマネーはプレイヤーがナチュラルブラックジャックを成立させ、なおかつディーラーのアップカードがAの場合に選択できるアクションです。イーブンマネーの選択及び実際の結果に応じて、以下の通り配当は変動します。

なおベット額は100円で想定していますが、別にインシュランスベットの50円も支払っています。

イーブンマネー選択 イーブンマネー選択せず
ディーラーがナチュラルブラックジャック 200円 100円
ディーラーがナチュラルブラックジャック以外 200円 250円

本来ならナチュラルブラックジャックが成立すると250円の払い戻しを受けられるものの、ディーラーのハンド次第ではプッシュ扱いの100円しか払い戻されなくなるということで、かなり判断が難しいところです。

STEP④プレイヤーがバーストせずにスタンドしたら、ディーラーのハンドが17以上になるまで配られる

プレイヤーがバーストしないままアクションを終了して「スタンド」を選ぶと、今度はディーラーにアクション権限が移ります。とは言えディーラーには自由な裁量が与えられておらず、16以下ならヒット、17以上ならスタンドというルールに従うしかありません。

「Dealer must stand on 17 and draw to 16」と記載

ブラックジャックのテーブルにも基本的には「Dealer must stand on 17 and draw to 16」と記載されていますね。

STEP⑤カードの結果に応じて勝敗が決定し配当が支払われる

ディーラーのハンドが17以上もしくはディーラーがバーストした時点で勝負は終了です。見事に勝利した場合には、「ベット額×2倍」の払い戻しを受けることができます。

サイドベットの結果はカード配布の時点で決定していますが、払い戻し自体はゲーム完了後に行われます。

ブラックジャックで勝利するための戦略を解説

ブラックジャックはオンラインカジノのゲームの中でも特にプレイヤーに有利で勝利しやすいと言われています。理論上の勝率は50%ですので闇雲に賭けていてもどうにかなりますが、戦略を駆使すればさらに勝率を高めることが可能です。

具体的にどのような戦略でブラックジャックを戦うべきなのか、詳しく解説していきます。

 

ブラックジャックで勝負するベット金額は全資金の50%を上限にする

ブラックジャックで勝負する際は、できるだけ1回のベットに用いる金額は、全資金の50%までにしましょう。もし全資金の半分以上をベットに使ってしまうと、カード配布後の「ダブルダウン」や「スプリット」などのアクションが起こせなくなってしまうためです。

せっかく強いハンドができそうなのに、リスクを追加できないのは非常にもったいないです。

役に応じてベーシックストラテジーに従いアクションを決める

ブラックジャックにはいわゆる「ベーシックストラテジー」があります。ベーシックストラテジーとは自分のハンドとディーラーのアップカードの状況に応じて、どのようなアクションを取るべきか具体的に決められたベット戦略です。

基本的にベーシックストラテジー通りに勝負していれば、一時的な流れこそあれど、長期的に見るとペイアウト率通りの資金に収束します。そのため大損する心配はありません。

ベーシックストラテジーを使えば、効率のよいボーナス消化やリベートボーナス稼ぎができるでしょう。特に初心者でブラックジャックに慣れていないうちは、徹底してベーシックストラテジーに従うようにするのがおすすめです。

ブラックジャックのベッティングシステム(戦略)を駆使する

ブラックジャックはサイドベットを使わない限り、あまり高配当の期待がありません。そのため、いつまでもフラットベットを続けていても、損失こそ出にくいですが、利益も出にくくなってしまいます。

しかしブラックジャックには使いやすいベッティングシステム(戦略)が色々と開発されています。ベッティングシステムを使えば少ない勝利でも効率よく稼ぐことが可能です。特にブラックジャックと相性のいいベッティングシステムをいくつか紹介します。

 

ブラックジャックで使える戦略①マーチンゲール法

ブラックジャックでも使えるマーチンゲール法は負けた時に賭け金額を倍額にして行く戦略です。1回でも勝利できれば、それまで長い連敗が続いていたとしても、すべての損失を取り戻した上に利益に転じることができます。

長い連敗が続いた後にナチュラルブラックジャックで勝利すれば、一気に大きな配当を稼げることもあり、あらゆるテーブルゲームの中でも特にマーチンゲール法と好相性なのがブラックジャックです。

 

ブラックジャックで使える戦略②パーレー法

ブラックジャックでも使えるパーレー法は逆マーチンゲール法とも言われる戦略です。マーチンゲール法が負けたら倍額にしていくのに対して、パーレー法は負けてもベット額は据え置き、逆に勝った時にベット額を倍にしていきます。

連勝時に大きな配当を一気に稼げるのがパーレー法の特徴です。パーレー法も連勝中にナチュラルブラックジャックが発生すれば、さらに高額の配当を一気に稼ぐことができます。

 

ブラックジャックで使える戦略②ダランベール法

ブラックジャックで使えるダランベール法は毎回の結果に応じてベット額を変動させる戦略です。勝ったら1単位減額、負けたら1単位増額というルールで運用することで、連敗時も損失の拡大を緩やかに抑え、連勝時には着実に稼いで行けるようになります。

私個人の経験では過去にブラックジャックでのダランベール法を通じて4万円が25万円まで増えたこともあり、非常に優秀なベッティングシステムであると感じています。

オンラインカジノでは特殊ルールのあるブラックジャックもおすすめ

ブラックジャックと一口に言っても、オンラインカジノでは様々な種類のブラックジャックがあります。通常のゲームでは飽きてしまったという方は、少し特殊なルールを採用しているブラックジャックをプレイしてみるのもおすすめです。

オンラインカジノでプレイできるブラックジャックの種類のうち、特におすすめのゲームを6つ紹介します。

ゲーム 特徴
ロイヤルブラックジャック 188betが独自開発
クオンタムブラックジャック 最大1000倍の高額配当
ダブルエクスポージャーブラックジャック ディーラーのカードが公開
ブラックジャックXチェンジ カード交換機能あり
パワーブラックジャック 1人のプレイヤーVSディーラー
インフィニットブラックジャック 全プレイヤーVSディーラー

 

ロイヤルブラックジャック:プレイヤー有利なルールのブラックジャック

188betが独自開発しているロイヤルブラックジャック

[btn class=”rich_green”]>【公式】188BET[/btn]

ロイヤルブラックジャックは188betが独自開発しているブラックジャックです。個人的にはブラックジャックに限らずすべてのゲームの中でも最もプレイヤー有利なルールがロイヤルブラックジャックではないかと考えています。

というのも、サイドベットをしなくても条件が満たされた場合には高額の配当を手に入れられるためです。通常配当とは別に、以下の条件を満たすことで高倍率の配当を獲得することができます。

高倍率の配当を獲得できる条件

理論上のペイアウト率は99.97%ということで、実質100%のようなものです。188betはブラックジャックでも100%ボーナスを消化することができるため、ボーナスを使ってロイヤルブラックジャックをプレイしてみるのがおすすめです。

クオンタムブラックジャック:最大1000倍の高額配当も狙える

最大1000倍という高倍率配当が期待できるクオンタムブラックジャック

クオンタムブラックジャックはPlaytechのライブブラックジャックゲームです。通常のブラックジャックは最大でも2.5倍の配当しか得られないものの、クオンタムブラックジャックは最大1000倍という高倍率配当が期待できるということで、一撃性に大きな魅力があります。

クオンタムブラックジャックではゲームの度に最大3枚のマルチプライヤー付きカードが選ばれます。選ばれたカードがハンドに含まれている状態で勝利すると、マルチプライヤー分が乗算された配当倍率を手にできるのです。

ハートの9とハートの5が含まれた状態で勝った場合、配当が通常の15倍になる

例えばハンドにハートの9とハートの5が含まれた状態で勝った場合、配当が通常の15倍になるということです。

仮に10倍のマルチプライヤーが設定されたカードが3枚とも含まれた状態で勝利すると、1000倍の配当を獲得できるということになります。なお、ディーラーが22でバーストした場合はプッシュ扱いになるという、プレイヤーが若干不利になるルールもあります。

ダブルエクスポージャーブラックジャック:ディーラーのカードが2枚とも公開

ディーラーに配られた2枚のカードが最初から見えた状態のダブルエクスポージャーブラックジャック

ダブルエクスポージャーブラックジャックはPlay’n GOのソフトブラックジャックゲームです。最大の特徴はディーラーに配られた2枚のカードが最初から見えた状態になっているという点にあります。

アップカードが2枚とも見える

プッシュだと負け扱いになるため、例えハンドが20だった場合でも、ディーラーのハンドが20ならば追加でカードを引くしかありません。

ブラックジャックでは「引きそびれによる後悔」がつきものですが、ダブルエクスポージャーブラックジャックならば強制的に引かざるを得なくなるため、「引くべきだった」というような後悔はしなくなります。

いつも判断に迷ってしまう方におすすめのゲームです。

ブラックジャックXチェンジ:カードを交換できる特殊ルール

カードの交換機能を有する『ブラックジャックXチェンジ』

Slingo Originalsの『ブラックジャックXチェンジ』はカードの交換機能を有するブラックジャックゲームです。ヒットするとバーストしてしまう心配がある場合には、カードを購入したり売却したりするオプションを通じて、ハンドを育てることができます。

カードを購入したり売却したりするオプションを通じて、ハンドを育てられる

ライブブラックジャックでは決して味わうことができない、ソフトゲームだからこそのルールです。実際にプレイしてみるとかなり面白さを感じられますので、是非プレイしてみてください。

パワーブラックジャック:1人のプレイヤーVSディーラー

「1人のプレイヤーVSディーラー」という構図のパワーブラックジャック

パワーブラックジャックはエボリューションゲーミングが運営するライブブラックジャックゲームの1つです。ライブブラックジャックながらも「1人のプレイヤーVSディーラー」という構図で行われる珍しさがあります。

パワーブラックジャックの最大の特徴はダブルダウンのみならず、トリプルダウン(3倍)やクアドラプルダウン(4倍)というアクションが打てることです。そのため強いハンドを揃えている場合には、積極攻勢で一気に資金を増やすことができます。

インフィニットブラックジャック:全プレイヤーVSディーラー

「全プレイヤーVSディーラー」という構図のインフィニットブラックジャック

インフィニットブラックジャックもパワーブラックジャックと同じくエボリューションゲーミングのライブブラックジャックゲームです。インフィニットブラックジャックでは他のプレイヤーが全員同じハンドに関わっており、「全プレイヤーVSディーラー」という構図で行われます。

仮にあなた自身は「スタンド」を選択しても、他のプレイヤーの中で「ヒット」を選択したプレイヤーがいればディーラーはカードを追加します。慣れないうちは「あれ?スタンドにしたはずなのに」と慌ててしまうこともあるので注意してください。

ブラックジャックのルールと遊び方(流れ)、役についてまとめ

この記事ではブラックジャックのルールや遊び方の流れ、役についての解説をしました。

慣れないうちはバーストを繰り返してしまい、なかなか稼げません。しかしある程度ノウハウを習得してくると、想像以上に稼ぎやすいゲームであることに気づくでしょう。実際にブラックジャックを通じて安定的に資金を増やし続けている事例も少なくありません。

ブラックジャックは間違いなくオンラインカジノで最も稼ぎやすいゲームです。是非ルールをマスターして、どんどん利益を出せるプレイヤーを目指してみてください。

ボートレースの賭け方と種類!勝てる賭け方について

各公営ギャンブルは、どれにも予想の仕方というものがあります。競馬だとすると、両親の血統を見るのもその1つです。ここではボートレースの投票の仕方や的中させるにはどのような点を見て予想をすればいいのか、また、穴を狙う方法などもその理由と共に解説しています。

ボートレースの投票券(舟券)の種類

ボートレースでは、単勝、複勝、ワイド、2連単、2連複、3連単、3連複の7種類の買い方ができます。単勝は選んだ艇が1着になれば的中で、複勝では2着までに入れば的中になります。

ワイドは選んだ2艇が共に3着までに入れば的中となり、2連単は1着と2着を着順通りに、2連複なら1着と2着の順番は問いません。3連単や3連複も同様で、共に3艇を選び、前者は1~3着を着順通りに、後者はそれを問わず1~3着を全て選んでいれば的中です。

配当はどれくらいになる?

ボートレースは主に連複で予想するものです。それは、単勝や複勝、ワイドでは配当が低い為で、2連複、2連単、3連複、3連単の4種類が人気です。

その中でも2連複と3連複は平均配当で千円前後ながら、2連単で2千円前後、3連単になると7千円前後となっています。よって、大きく狙うなら着順通りに当てる舟券の購入になります。

連単舟券の狙い方

比較的配当の高い2連単、3連単で狙いやすいのは、そのレースでまず勝つであろうと思われる選手が出走する時です。そのような選手については下記で解説しますが、1着をその選手で固定して、2着や3着を探すといった買い方で狙うのが基本です。

3連単の買い方はいくつかありますが、1着さえ固定できれば、2着、3着を絞っていくとそれほど買い目が多くなることもありません。

1枠が絶対的に有利な競技です

ボートレースを見たことがある人なら分かっていると思いますが、この競技は水面を反時計回りに周回して競います。セパレートコースではない為、いずれの枠も同じ距離になっている訳ではありません。その為、この競技は1枠(白)が絶対的に有利です。よって、多くの場合で1枠を中心にした予想になります。

出走枠の決まり方

1枠が有利なら、誰でも1枠を取りたいと考えるのが当たり前ですが、この出走枠は抽選ではなく、前のレースの成績によって決まっています。つまり、1枠(か2枠)に入っている選手は前のレースで勝利した選手なのです。

1枠の選手はコース的に一番有利な上、実力もあると考えて構いません。その為、予想はまず先のように1枠が中心になり、そこに細かい要素が絡んできます。

2枠や3枠にも注意です

競艇の1開催は勝ち抜き制となっており、そこまでの獲得ポイントによって準優勝戦が3レース行われ、その各1、2着の6人が優勝戦へ臨みます。よって、前のレースで1着になっても2枠や3枠になることがあります。

これは出走表での前走の成績を見ればすぐに分かりますが、メインレースの優勝戦では2枠と3枠も1枠に劣らない実力者だと考えておきましょう。

出走表で見ておかないといけない情報

他の公営ギャンブルでもそうですが、出走表には色々な情報が詰まっています。ボートレースでは主に以下の情報によって予想をしていきます。

モーター番号が大事です

ボートレースの各艇のモーター(エンジン)は、開催前に参加する全選手に抽選によって割り当てられます。その番号は出走表に載っており、選手自身ではなく、そのモーターの成績も載っているのが特徴です。

選手に関係なく、あくまでモーターの成績なので、これがいいに越したことはありません。各競艇場で抜群に成績のいいモーターは“超抜(ちょうばつ)モーター”と呼ばれており、それを引いた選手は当然狙い目になります。この超抜モーターはボートレースのファンサイトなどで少し調べると分かるので、チェックしておきましょう。

チルト角に注目してください

出走表にはこのチルト角という情報も記載があります。このチルト角とは、モーターが艇に付いている角度のことで、+、ーで0.5刻みになります。-0.5~+1.0くらいに調整している選手がほとんどです。

これが-なほど艇が水面に張り付くようなセッティングになり、安定感が増し、コーナーリングもしやすくなります。逆に+だとトップスピードが伸びるようになりますが、安定感がやや劣ることになり、一発を狙う選手向けのセッティングだと考えてください。

つまり、0,0や-0.5の選手は安定感を重視している為、無理な勝負は懸けていないと解釈できます。+1.0より上の選手は、まともに戦っては勝ち目がない、ここで着順をとらないと上の進めないなどと考えて、安定感を捨ててもスピードが出るようにセッティングしていることが多いのです。

部品交換の有無も大事です

ボートレースで使われるモーターは、選手が自身で(のみ)調整することができます。馬力アップなどの改造はできませんが、不調だと思った時には部品交換が可能です。

交換できる部品は決まっており、その中でも重要なパーツとされているのがシリンダーケースとクランクシャフトです。モーターの性能に大きく関わるこれらを交換するということは、かなりモーターの調子が悪かったと考えられる為で、穴狙いをしたい時にはこれらを交換した選手を狙ってみるといいかも知れません。

逆に、ピストンやピストンリングは交換してもあまり影響はない為、予想にそれほど直結する情報ではありません。

男女混合レースの予想の仕方

ボートレースでは女性選手のみのレースと、男女混合のレースがあります。後者ではどうしても男性選手に人気が集まりますが、女性選手では勝てないという訳でもありません。

トップスピードがに速いのが特徴です

女性選手は男性選手と比べて体重が軽い分、艇のトップスピードが速くなる傾向が高いです。ですが、コーナーリングに関しては外に降られない力強さが必要になる為、多くの場合で男性選手に利があると言われています。

これらの男女別の特徴から、内枠(特に1枠)に女性選手が入った時には要注意となります。スタートから1マークをトップで回ってしまえば、そのままスピードに乗って押し切ってしまうことがあるからです。

外枠からの一発も侮れません

外枠(4~6枠)に入った女性選手はその時点で予想から外してしまうことも多いですが、そこからの一発が無い訳ではない為でもありません。そのような選手は人気にならないことがほとんどなので、条件によっては穴狙いができます。

その鍵となるのは、前述の出走表によるチルト角と部品交換です。チルト角を大きく上げていれば、体重の軽さを活かしてトップスピードを更に上げようと考えたセッティングにしているので、穴狙いと同様に選手自身も一発を狙っています。

そこに大きな部品交換が絡んだ時には、よもやの結果になってもおかしくありません。混合レースではこれらをチェックするのを忘れないようにしましょう。

まとめ

ボートレースは出走表を1枠から見ていき、予想していくことになると考えてください。内枠ほど強い選手(調子のいい、モーターのいいといったことも含む)になる為、外枠は軽視してしまいがちですが、ここで書いたような穴が狙えることもあるので、そこがまた面白い競技だと言っていいでしょう。